Sold
スポーンスロイド「ワンハンドルバスケット」制作キット
スポーンスロイド「ワンハンドルバスケット」制作キット
スポーンスロイド「ワンハンドルバスケット」制作キット

木材を割削りした白木の薄板で編み上げるスウェーデンの伝統工芸「スポーンスロイド」の技法で制作するキットです。

この工芸は、材料が希少な白樺樹皮クラフトとは異なり、身近にある「木材」の部材を用いるのですが、ゼロベースからスタートすると、技術習得はもちろんのこと、工具・器具など工房なみのバックヤードが必要となります。

コイブでは、白樺樹皮クラフトと共通する「技法」に主眼を置き、2年をかけてキットの準備を進めてきました。

今回、白樺樹皮クラフトでも人気デザイン「ワンハンドル・バスケット」を題材にしました。 本体を包み守る剣のようなハンドルは、スウェーデンらしいデザインです。 この技法で制作された「新品」は、ほとんど日本には輸入されておらず、現地ではこの形状サイズで 1万円ほどで販売されているようです。

制作キットとして日本初はもちろんですが、注目いただきたいのは、本体以外の部材は、予め加工してお届けするという点です。 白樺樹皮クラフトと同じ手順で、カット処理された薄板を使って本体編み上げます。 そして、加工処理されているフチとハンドル部材を釘打ちするだけで完成させることができます。

また本体のカット済み材料は、女性が扱いやすい素材・厚みで計算してありますので、薄いながらしなやかな弾性のある紙バンド(エコクラフト)のような感触で、大きな力を必要せずとも編み上げることができます。 白樺樹皮クラフト経験者であればあるほど、最初の一編みで指に伝わる新しい質感の楽しさに気が付くことでしょう。 未経験者の方は、このキットを制作する前に、コイブ常設ワークショップ初級1コースで編み方を学んでおくとよいでしょう。

本体の直径は 180mmで、2.5リットルたっぷり入る実用的なサイズなので、夏はベリー摘みに、秋はキノコ狩りになど本国スウェーデンと同じような使い方ができます。
もちろん、お部屋に置くだけで、まがい物ではない本物の北欧インテリアに。

制作の解説は、テキストのほか専用動画でもサポートします。
部材の加工や、国内では入手できない部品の輸入にお時間をいただきますので、受注発注形式で承ります。

¥6,400 続きを読む
Sold
スポーンスロイド・トレイ(φ280×H20mm/ラウンド/無塗装)
スポーンスロイド・トレイ(φ280×H20mm/ラウンド/無塗装)
スポーンスロイド・トレイ(φ280×H20mm/ラウンド/無塗装)

整然と並ぶ井桁模様が魅力な丸型トレイです。 ティーマ・ティーカップ&ソーサー(φ150mm)が 2つ置けるサイズ。 お一人やカップル向きのトレイです。 外からは見えませんが、井桁状に編んだ板と底板の間には、補強として白樺樹皮の二番皮を使用しています。 手になじむ持ち手も、コイブで 1つ1つ制作しています。

スポーンスロイドは、18世紀ごろスウェーデン・ダーラナ地方で発祥した伝統ある工芸品です。 本国では主に松(パイン)を使用しますが、コイブでは、松と同じ樹種階層に分類される日本固有種の「ヒノキ」を材料に採用しています。 乾燥がよく、柔らかいが、耐水性・耐久性に富み、柱や土台に使われるほど強度が高いのが特徴です。 光沢のある木肌の白さと独特の香り成分(ヒノキチオール)には防虫効果もあります。

本品は無塗装※です。 フレッシュな白木は使い込んでいくと、やがて落ち着いた飴色に変化していきます。 汚れが気になる場合は、使用前に蜜蝋ワックスなど塗り込むとよいでしょう。 蜜蝋は塗布しても大きな色の変化がないのでオススメです。
※水分を含むと湾曲する可能性があるので底板のみウレタン塗装を施しています。

コイブでは、伝統的な制作方法に準じつつ、工夫を加えたモノ作りに取り組んでいます。

本品は、受注生産で承ります。
ご注文後、2週間ほどお時間をいただきます。

¥6,000 続きを読む
Sold
スポーンスロイド・ハンドバッグ(W300×D180×H220mm/BK/無塗装)
スポーンスロイド・ハンドバッグ(W300×D180×H220mm/BK/無塗装)
スポーンスロイド・ハンドバッグ(W300×D180×H220mm/BK/無塗装)

井桁状に編み上げた本体をガードするよう四方に配したフレーム板は、スポーンの伝統的な工法で、日本の竹かご作品にも通ずるデザインといえます。

本体はすべて木材なのでとても軽量ですが、フチ部はしっかり作っていますので、持ちやすいようハンドルの長さはお好みで調節できるようにしています。

木材から作られたバッグというとアウトドアやピクニックを連想しがちですが、街使い・普段使いできるバッグをイメージして材の厚みやサイズを調整しました。

スポーンスロイドは、18世紀ごろスウェーデン・ダーラナ地方で発祥した伝統ある工芸品です。 本国では主に松(パイン)を使用しますが、コイブでは、松と同じ樹種階層に分類される日本固有種の「ヒノキ」を材料に採用しています。 乾燥がよく、柔らかいが、耐水性・耐久性に富み、柱や土台に使われるほど強度が高いのが特徴です。 光沢のある木肌の白さと独特の香り成分(ヒノキチオール)には防虫効果もあります。

本品は無塗装です。 バッグ本体に色移りしやすいのでハンドル素材はフェイクレザーです。 フレッシュな白木は使い込んでいくと、やがて落ち着いた飴色に変化していきます。 汚れが気になる場合は、使用前に蜜蝋ワックスなど塗り込むとよいでしょう。 蜜蝋は塗布しても大きな色の変化がないのでオススメです。

ボディーがシンプルなのでお好みの巾着インナーバッグを納めることで和洋どちらにもフィット。 リネン生地でナチュラルにも、華やかな北欧テキスタイルでファッショナブルにもアレンジができます。 エコファーでモコモコ飾れば秋冬バッグでも活躍します。

一点一点ハンドメイドのため受注生産で承ります。
ご注文の集中度にもよりますが、お届けまで10日~2週間ほどいただきます。

¥10,000 続きを読む
Sold
スポーンスロイド・ワンハンドルバスケット(260×H70mm/スクエア/無塗装)
スポーンスロイド・ワンハンドルバスケット(260×H70mm/スクエア/無塗装)
スポーンスロイド・ワンハンドルバスケット(260×H70mm/スクエア/無塗装)

パンかご、小物入れ、コスメ収納など、室内のさまざまなシーンで持ち運ぶのに便利なワンハンドルバスケットです。 本体は、強度と柔軟性を持たせるために幅違いの板を2枚重ねて編み上げています。 ハンドルは可動式なので、洗面所などで定位置使用する際は倒してトレイなような使い方も。

スポーンスロイドは、18世紀ごろスウェーデン・ダーラナ地方で発祥した伝統ある工芸品です。 本国では主に松(パイン)を使用しますが、コイブでは、松と同じ樹種階層に分類される日本固有種の「ヒノキ」を材料に採用しています。 乾燥がよく、柔らかいが、耐水性・耐久性に富み、柱や土台に使われるほど強度が高いのが特徴です。 光沢のある木肌の白さと独特の香り成分(ヒノキチオール)には防虫効果もあります。

本品は無塗装です。 フレッシュな白木は使い込んでいくと、やがて落ち着いた飴色に変化していきます。 汚れが気になる場合は、使用前に蜜蝋ワックスなど塗り込むとよいでしょう。 蜜蝋は塗布しても大きな色の変化がないのでオススメです。

コイブでは、伝統的な制作方法に準じつつ、工夫を加えたモノ作りに取り組んでいます。

本品は、受注生産で承ります。
ご注文後、2週間ほどお時間をいただきます。

¥7,000 続きを読む