» » » 北欧織物と白樺のピンクッション(トスカフト/ラウンドJ85/MC)
Sold

北欧織物と白樺のピンクッション(トスカフト/ラウンドJ85/MC)

¥5,400

35年以上にわたり国内で北欧織物の制作活動を続けている「MORI CRAFT」とコイブとの北欧×北欧コラボシリーズ。 立案からデビューまで半年以上をかけて実ったこだわりのピンクッションです。

スウェーデン織りに代表される北欧織物の基本織法は、全部で28種類あるといわれています。 今回その中から最初に「トスカフト」を選びました。 たて糸とよこ糸が1本づつ交差する最も基本的な織法で日本語でいうと「平織り」という意味です。 糸はすべて北欧の高品質で代表的なコットリン(綿60%、麻40%)で色数は4色です。

クッション部は、織物がシンプルに活きるようイチからデザインを起こし、内部は三重構造でしっかりと中綿を詰め込むことで、お飾りでなくピンクッション本来の機能性を重視しました。 台座部は、陶器を埋め込むことで型崩れを防止し、程よい重量感により片手で糸の抜き差しがしやすいよう設計しています。

白樺樹皮製ケースは、すべてフィンランド産一番皮を使用。 45度織りのラウンド(丸型)でフチがフラットなものと、フチがギザギザのクラウン王冠型の2種類。 90度織りのスクエア(四角型)が1種類の計3種類の中からお好みで選択できます。 いづれもピンクッションにぴったりフィットするように1つ1つ作ります。

またすべての商品には、コイブオリジナル白樺まち針と織りで使用した糸を付属してお送りします。

今後ピンクッションはシリーズ化し、北欧織法の中から1織法ずつ、3年ほどかけて発売予定(※一部除く)のため、「今回のデザインは一度だけの受注生産(10個)」となります。 完売の際はご容赦ください。

在庫切れ

商品コード: KQ20001 商品カテゴリー:

商品説明

北欧織物(スウェーデン織り、フィンランド織りなど)
北欧織物の中でもスウェーデン織りの歴史は古く、スウェーデン人の営みの始まりと言われる先史時代の住居「エルドヒュス=火の家」から時代に応じて住居形成が変化する中で、儀式、冠婚葬祭や社会的地位の富の象徴として重要な役割を果たしてきました。 産業革命の機械化や廉価化により服地の多くの伝統が消滅してしまいましたが、社会的ステータスをあらわす装飾品の手織りが、その後、多くの織法を生み出し、高品質でシンプルながら美しい伝統が現在まで連綿と受け継がれてきました。
※28種類のうち26.フレミッシュ織り、28.フィン織りはピンクッションに張る生地としては適さないので除きます。 また、2.リキシディグ・シーペットと3.オリキシディグ・シーペットおよび、22.MMFテクニックと23.HVテクニックは織法が類似しているのでそれぞれ 1種ずつでご紹介する予定です。 シリーズとしては、合計22~24種となる見込みです。


<サイズ>
約φ85×H85mm

<素材>
[ピンクッション部]:スウェーデン製糸、中綿、陶器、合皮
[白樺樹皮ケース部]:フィンランド産白樺樹皮

<生産国>
made in JAPAN
[ピンクッション部]:MORI CRAFT
[白樺樹皮ケース部]:KOIVU

<ご購入前に一読ください>
■クッションの張り方により色模様はイメージと多少異なる場合があります。
■クッション部と白樺樹皮ケース部は着脱できます。
■クッション上部を強く握ったり引っ張ると台座が剥がれてしまう場合があります。
■使用経過(針抜き差し)で中綿が表面に出てくることがあります。
■クッション底部外装の革色がイメージと異なる場合があります。
■落下衝撃でクッション底部が破損する場合があります。
■白樺樹皮ケースは天然素材のため、色合い・模様・厚み・硬さなどには個体差があります。また、多少の裂け・ささくれ・キズ・しみ模様・フシ・こぶのような凹凸も見受けられますが不良品ではございません。
■セット内容の一部を販売することはできません。
■樹皮のコンディション理由での返品・交換は承れません。
■白樺樹皮ケースに乾燥がみられる場合は表面をオリーブオイルで塗布ください。


MORI CRAFT(代表:Mori Yui)

武蔵野美術大学(空間演出デザイン学科卒業)。 1985年長野県諏訪で日本の織物を始める。 88年以降都内に戻り日本の織物、染色(草木染め)を学ぶ。 94年よりスウェーデン織りを学び始め、98年以降フィンランド人からフィンランド織りを学ぶ。 グループ展に参加。 以後、織物技術を磨き、北欧クラフト関係者との輪を広げる。 尾山台アルテ•ファクトでの企画展、展示販売(都内、名古屋)を展開する。 2009年以降、北欧織物の技巧を広めるため生徒の育成を始める。 2010年に横浜ベーリックホールにて、イベントに手織物出品。 2014年に織物教室「MORI CRAFT」を中央区に移し、育成した生徒から構成した「m_six」のメンバーで独自の北欧手織物教室を開講している。

2016年: MORI CRAFT 成城松本(志村邸)にて北欧手織物展開催
2017年: m_sixアルテ•ファクトにて企画展参加


コイブクオリティでは、白樺樹皮を使った裁縫道具、道具・キット、手芸・クラフト・生地、日用品雑貨・文房具・手芸など展開していきます。

 

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。